コインパーキングに利用する

img-1

コインパーキングというのはお金を支払って駐車できるスペースのことをいいます。よく駅前のビルや施設にあり、停めている時間によって料金がかかります。
一般的には管理する人がいて、そこで入るときと出るときの時間を計測して料金を支払うのが一般的ですが、最近は24時間無人のコインパーキングが増えてきました。

その仕組みは大きな駐車場の場合はゲート式で発券機と精算機を設置しており、入るときに発券機により発行されるカードをとって、出るときに精算機にそのカードを入れて料金を支払うという方法です。


小規模のコインパーキングの場合はロック式というものが主流で、これは車を駐車するとセンサーが感知して路面に設置されているフラップが上がり車両を動かすことができないようにします。
そして車を出す場合は精算機に駐車ナンバーを入れて料金を支払うことでフラップが下がり車を動かすことができるようになるのです。これまで駅前などで多かったコインパーキングも最近は住宅地などにもできています。

これは土地の有効活用対策のひとつでもありますが、経営を手助けする業者も増えていることや、個人的に経営してみようという人も増えています。

またコインパーキングを利用する人が増えているということもあります。


中には1日中とめていくらという設定のところも多くなってきており、例えば会社などで使用している営業車でそのまま家に帰っても停めることができるというメリットもあります。

rsタイチといえばこちらのサイトです。



GT-R 買取に関する情報をまとめました。





http://girlschannel.net/topics/960931/4/

http://girlschannel.net/topics/1044700/

https://4meee.com/articles/view/827559

関連リンク

img-2
コインパーキングに利用する

コインパーキングというのはお金を支払って駐車できるスペースのことをいいます。よく駅前のビルや施設にあり、停めている時間によって料金がかかります。...

more
img-2
遊休地をコインパーキングプラスアルファで使う

土地の価格が下がってしまった場合など売るに売れず、しかも、人通りが少ないことから店舗にもマンションにもできずに遊休地となっている土地がたくさんあります。土地オーナーからすれば税金対策もありなんとか有効利用をしたいと考えるところですが、なかなかうまくいかないようです。...

more
top